在宅診療|大阪市阿倍野区で内科・外科・小児外科なら山田医院にお任せください。

  • お問合せはこちらから

    0666223166

  • 診療時間

    ※括弧内は受付時間 休診日 木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

在宅診療

在宅診療の方針

基本的には急性期疾患(肺炎等)あるいは治癒の見込みがある場合(早期癌等)には入院での加療が望ましいと考えております。ただし、患者さんと介護をされる方の希望があれば医学的判断に基づいて在宅医療を行なっております。それ以外の慢性期疾患、寝たきり状態、末期癌状態については快く在宅医療を引き受けております。
私自身はまだ若年であり人生経験も少ないので確たる信念があるわけではありませんが、勤務医時代に50人ほどの末期癌の患者さんを看取りまた父親を自宅で看取った経験から患者さんの希望に添った形の医療をすることが在宅医療の基本方針であると考えております。 その為に地域の訪問看護ステーションならびに訪問介護ステーションなどと積極的に連携を取っております。

現在においては年平均10名程の在宅看取りのお手伝いをしています。

対象の患者さん

癌、難治性(難病)疾患、痴呆(精神病疾患)、その他寝たきり状態 小児から老人まで診ております。ただし、在宅医療は緊急往診の必要性もあるために診療所から30分以内の方だけに限定しております。

在宅ケアの内容

採血、注射(皮下、筋肉、静脈)、点滴(末梢、中心静脈)、経管栄養(経鼻、胃瘻、腸瘻の管理)、尿道カテーテル、自己導尿酸素療法(在宅酸素、呼吸器管理)、吸引管理・吸入管理、創処置(褥創、その他)、以上は当院において診療しています。 ※腹膜透析に関しては当院ではしておりません。

疼痛管理

モルヒネを使用(経口、座薬、経静脈、持続皮下注など) その他に硬膜外ブロック、抗痙攣剤、漢方薬を使用

サポート体制

基本的には連携する訪問介護ステーションにファーストコールをしてもらい、看護師の判断のもと、往診の対応をしています。

在宅看取り

現在においては年間10名程行っています。

連携体制

訪問看護婦、訪問リハビリ、その他介護保険利用に際しての訪問入浴、訪問介護等との密な連絡体制