小児科・小児外科|大阪市阿倍野区で内科・外科・小児外科なら山田医院にお任せください。

  • お問合せはこちらから

    0666223166

  • 診療時間

    ※括弧内は受付時間 休診日 木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

小児科・小児外科

小児科について

一般的な健康診断、ワクチンの予防接種、かぜ・胃腸炎・喘息などに対する診療を行っております。
病院は小さなお子さんにとって嫌なことが多いかもしれません。できるだけわかりやすい言葉で語りかけ、少しでも不安な気持ちが和らいでリラックスできるようにスタッフ一同積極的なコミュニケーションをかかしません。また、生まれたばかりの赤ちゃんをお持ちの親御さんにも親身に寄り添います。

お子さんの様子がいつもと少しでも違うと気づいた場合は相談だけでも結構です。遠慮なさらずにお気軽にお越しください。

主な疾患・症状

かぜ

風邪とは、感染症の一種で「風邪症候群」と呼ばれています。鼻からのどにかけての上気道と、喉から下の気管支や肺にかけての下気道に、細菌やウイルスが付着することで、発熱・関節の痛み・喉の痛みなどの症状が出てきます。

  • ウイルスの種類

    ライノウイルス、コロナウイルス、エンテロウイルス、エコーウイルス、コクサッキーウイルス、アデノウイルス、パラインフルエンザウイルス

かぜの症状

鼻水、咽頭痛、発熱、咳など

胃腸炎

胃腸炎は、消化器症状を伴う病気の総称で、その原因は、ウィルスや細菌など様々です。汚染された水や食物の飲食を介した食中毒として起こる場合や、集団発生する場合もあります。

  • 胃腸炎の原因

    1.細菌性・・・夏に多い傾向があり、重症化することも多いです。

    2.ウイルス性・・・冬から春にかけて多く乳幼児では重症化しやすいです。

    3.その他・・・寄生虫や原虫が原因ですが、日本では比較的まれです。

胃腸炎の症状

おう吐、下痢、頭痛、発熱など

喘息

空気の通り道である気道が炎症などで狭くなることによって、のどが「ゼーゼー・ヒューヒュー」と鳴ったり(喘鳴:ぜんめい)、咳や痰が出て呼吸が苦しくなる病気です。
一般的にその症状は一過性であり自然にないしは治療により改善しますが、炎症が持続すると重症化することもあります。

  • 喘息のタイプ

    1.アトピー型喘息・・・原因抗原(アレルゲン)となるダニ・動物の毛・花粉などに対するアレルギー体質を有し、それらの抗原を吸入することで症状がおきるタイプの喘息です。

    2.非アトピー型喘息・・・アレルギー体質を有さず、原因抗原(アレルゲン)を同定できないタイプの喘息です。

喘息の症状

呼吸の音がおかしい、呼吸困難、食欲不振 など

●慢性的な喘息については、小児科専門医への紹介を行うこともあります。